<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ロジャー・フェデラーの勝ち方
丁度今日終わったThe Barclays ATP World Tour Finalsというテニスの
世界一を決める大会がロンドンであったのでその初日に行ってきました。
シングルスの前にダブルスの試合があり計二試合見れました。

この大会は男子の世界ランキングベスト8が揃って頂点を決めるというもの。
四大大会とはまた別でSHOWの側面というか演出がものすごく普通のテニスらしくありませんでした。

会場はウィンブルドンではなくNorth GreenwichにあるO2アリーナというところでした。
f0214305_6371866.jpg

雰囲気はこんな感じです。
テニスの試合というよりもライブやコンサートみたい。

選手入場は動画でどうぞ。
K1とかプライドみたいですよ!

これだけでもすっごい面白い。

ちなみにこの日のシングルスのカードは
ロジャー・フェデラー(世界ランク2位)×ダビド・フェラー(世界ランク7位)
f0214305_651102.jpg


何気に初めてのテニス生観戦だったわけですがww
こんな試合見ていいものかね。。

とにかくひとつひとつのプレーが唸りをあげるようなものばかり。
遊び程度で自分もテニスするから特にその凄さが実感出来ました。
f0214305_6562141.jpg

f0214305_6584871.jpg

特にフェデラーのワンハンドで打つバックとフェラーのフォアで体の外側に打つ感じのショット。
とにかくなんであんなに簡単そうに鋭いボールが返せるのか。。。

動画でゲームの様子をどうぞ。
なんとなく雰囲気は伝わるかな。

結局この試合は危なげなくフェデラーが完勝。
決してフェラーが上手くないわけではないのにそう思わせてしまうくらいのフェデラーのしなやかさ。

こんなに完璧なテニスを生で観れて本当に来た甲斐があったなと思わせてくれる試合でした。
f0214305_76084.jpg


そして本日この大会の決勝が行われ、フェデラーがナダルを破り二連覇を成し遂げたようです。

いやーこれはいいもの観た!!!!!!!!!!

そして早く帰ってテニスしたくなったww
by suzaworld | 2010-11-29 07:36 | イギリス
ノースロンドンダービーの盛り上がり方、盛り下がり方
ロンドン到着翌日にまさかのノースロンドンダービー!
アーセナルvsトットナムホットスパーズ

ある人にはこれに合わせて言ったのかと言われるほどでした。
そんなことはないのですよwたまたまです。

がしかし問題はチケット、そしてお金。
ものすごい値段になっているのも知っていたし、三万も四万もお金出して見る気もないし。
というかそんなお金の余裕もないし・・・。
一応行く前の作戦としては前半始まって15分とか20分くらいしてダフ屋値段が100ポンドくらいまでに
下がったら買ってみようかという感じ。

とりあえず行ってみました、エミレーツスタジアム。一時間前くらい。
tubeの駅、Arsenalを出るともう出店も出て盛り上がっています。
f0214305_2024336.jpg


とりあえずダフ屋がいたので話しかけてみると。

ダ「500ポンド」

す「無理っす」

ダ「じゃあいくら出す?」

す「100以下」

ダ「馬鹿じゃねぇの、ふぁっきんふぁっきん」

そんなやり取りが数回。まあ予想通り、そんな甘くないね。
加えて他にもチケット持ってなくて探してる人が沢山。

半分諦めてとりあえずキックオフ時間まで時間を潰すために駅方面へ行ってぶらぶら。

するといきなりおじいちゃんが話しかけてきた。

お「わしチケットが一枚余っているんだが買わないかね?」

す「ほんと?いくらですか?」

お「100ポンドでどうじゃ?」

す「(マジで?!ありえない!!)・・・高いよおじいちゃん、80じゃダメ?」

お「それは無理じゃな、じゃあ」

す「ちょちょっ、、、じゃあ90でどうですか?」

お「ええよ、わしに着いてきなさい」

す「あざーす!」

というようなやり取りがあってまさかの試合前にチケットGET!
それも予定よりもちょっと安かった!!

そのおじいちゃんは多分80歳くらい、杖をついていて20mごとに休憩しますw
そしてメントス食べるか?と言ってメントスくれます。

かなり時間かかってスタジアムまで到着。
f0214305_20411859.jpg


中に入るとおじいちゃんが「Tea飲むか?」と聞かれたので「Yes」と。
そしたら普通に奢ってくれましたw

席に着くときのおじいちゃん。
f0214305_20492855.jpg

席はゴール裏上段のど真ん中!
さすが50年以上アーセナル見てるだけのことはあります。
自分の年間シートもずっとそこなんでしょうね。
ちなみ譲ってくれたのは息子の席、今日来れないとのこと。

試合10分前くらいになり客席も埋まり超満員のエミレーツスタジアム。
最高の雰囲気がやはりイングランドのスタジアムにはあります。
f0214305_20583884.jpg

その雰囲気をどうぞ。

隣の隣のおじちゃんが歌い始めることも多く、それがスタジアム中に伝染するときとかものすごい鳥肌ものでした。

試合が始まり最初からアーセナルペース。
あっさりとナスリが先制。大盛り上がり!
f0214305_2172954.jpg

そして前半に二点目が入ったときにはお祭り騒ぎ。
そりゃノースロンドンダービー、ホームで二点取ったらね!


ハーフタイムではスタンディングオベーションで選手を送ります。

が、し か し

後半

まさかの・・・・大逆転ww

絶好調のSPURSベイル選手。

段々と声がなくなるエミレーツスタジアム・・・。

逆転された瞬間には完全に静まり返るゴール裏。
そして試合終了の笛を聞くことなくそそくさと家路を急ぐアーセナルサポーター。
おじいちゃんも逆転された瞬間にメントスをくれ、試合終了の笛を聞くことなく
最後に「See you」と言ってスタンドを後にしました。

f0214305_21171149.jpg

一方でスタンドの片隅で祭が始まったSPURSサポーター。
選手の中にはユニフォームを脱ぎスタンドに投げ入れる選手も。

本当に大切なこのノースロンドンダービーだからこその喜びようでした。

アーセナルにしても勝てば首位だったのに。
f0214305_21254595.jpg

とにもかくにもアーセナルにとっては記憶から消したい試合。
逆にスパーズからすれば歴史に残るアウェーでの大逆転劇。

久しぶりに純粋にフットボールを、最高の雰囲気で楽しむことが出来大満足の試合でした。
by suzaworld | 2010-11-28 21:26 | イギリス
フィンランドデザインの愛で方 sanpo
フィンランドといえば、やはり北欧デザイン、その中でもmarimekkoやiittalaなど日本でも
人気の高いブランドも揃っています。
f0214305_547389.jpg

f0214305_664464.jpg

洋服雑貨だけでなく建築物などもデザイン性の高いものが多いので街歩きがとても楽しいです。
f0214305_619212.jpg

f0214305_627335.jpg

これはお洒落なフィンランドのポスト。
いろんな国のポストを見てきているけど一番お気に入り!
f0214305_6344525.jpg

これは道を歩いていて見つけたデザイナーショップ。
小物や鞄があってお金があったら絶対に何か買っていたはず。
JOHANNA GULLICHSEN というデザイナーです。
興味ある方は調べてみて下さい。
f0214305_6521796.jpg

あと久しぶりに教会を見ておー!っと思ったもの。
こちらが外観。何なのかわからないですよね。
f0214305_6555399.jpg

しかし中に入るとこんな感じです!
岩の教会!これはとってもセンスを感じました。
f0214305_6592640.jpg

そうそう、フィンランドで忘れていたものがムーミン。
そこらじゅうにムーミングッズがあるのでいろんなムーミングッズがほしくなります。
f0214305_7105732.jpg

フィンランドに行った際には衝動買いしてみてくださいw
f0214305_7171866.jpg


これにてフィンランド編終わり。
フィンランド行きたくなりました?
あ、でも新婚旅行での北欧はオススメしません。。
買いたいものばっかりで破産しますよw
by suzaworld | 2010-11-28 07:21 | フィンランド
かもめ食堂での召し上がり方 sanpo
フィンランドに来た最大の目的はこのかもめ食堂に行くこと。

実はフィンランド到着翌日にノリノリでかもめ食堂に行ってきました。
が土日休みでやっておらず・・・。
f0214305_015419.jpg


ということでリベンジしてきました、かもめ食堂。
今はKAHVILA Suomiという名前でやってます。
住所だけ調べて行けば絶対に着きます。
f0214305_0165024.jpg


昼時にいくと日本語メニューを見せてくれます。
f0214305_0263142.jpg

頼んだメニューがこれ。
よくわからないけどフィンランド料理って書いてあったのでこれにしましたw
これが最初で最後の北欧外食・・・。高いからね・・・。
f0214305_0355129.jpg

なんかシチューみたいなの。美味しかったです。

食後にはコーヒー。これも付いてます。
f0214305_0415457.jpg

勿論「コピ・ルアック」。
ひとりで呟きましたよねw

店内はこんな感じ。
ちょっと映画とは違いますね。
f0214305_0591034.jpg

やはり日本人のお客さんもちらほら。。
おしゃれっぽい人が沢山いるので薄汚い僕は完全に浮きますね。。
f0214305_123516.jpg

f0214305_144658.jpg

f0214305_172150.jpg

店内にはところどころに日本ぽいものもありました。

昼食代、コーヒー、サラダ、パンが付いて8.4ユーロ。
やはりフィンランドに来たからにはかもめ食堂でご飯食べないといけないですね!
おにぎりはないよ!!!
by suzaworld | 2010-11-23 01:27 | フィンランド
フィンランド国民的英雄の称え方
フィンランドでサッカー見ようと思ってたらリーグ戦は既に閉幕。
しかし運よくEUROの予選があるとのこと。

それも相手はあのサンマリノ!!
ハンガリーに引き続きまさかの二試合目です。
サンマリノのアウェー戦を二試合も見る人っていないよねww

でこの時泊まっていたホステルがStadion Hostel。
なんとスタジアムの中にあるホステル。
そこで今回の試合でした。一番安い席で20ユーロ。
f0214305_22511893.jpg

f0214305_22532473.jpg

外から見ると席割りの幕がかかっている左側が自分が泊まっていた部屋。
中から外見るとこんな感じでした。

こんな近さだったので試合開始ギリギリにスタンドへ到着。
f0214305_23202095.jpg


S.U.O.M.I、スオミ、コールをするゴール裏。


で試合の方はというとやはりサンマリノ。
ハンガリーとは8-0でした。
しかし前半を終わってまさかの1-0。
どうしたフィンランド!


ということで後半フィンランドの英雄が出てきたんです!

Jari LITMANEN !!!!
あのリトマネンがまだフィンランド代表だとは!!!!!!!!!!
知らない人のためにわかりやすく言うとフィンランドのKAZUみたいな感じですね。
今39歳で国内リーグでやっているみたい。
f0214305_2311412.jpg


後半リトマネンが入るとボールは全部リトマネンさんに渡して!状態。。
まあこのレベルではものすごく上手いからいい方向にいったんですが。

最終的にはなんとこのスコア。
f0214305_23283936.jpg


さすが国民的英雄!
最後の一点はリトマネン!!!のPKでした。

その模様を動画でどうぞ。


後半はずーーーっとリトマネンのチャントを歌ってました。

試合後もリトマネンだけスタンド近くまで来て挨拶。
とにかくすごいカリスマ性でした。
f0214305_23422751.jpg

それにしても寒かった・・・。
マイナス何度の中、それも途中で雪がチラつく中の観戦。
めっちゃ寒かった・・・。
ちなみにこの雪が翌日まで降って雪が見事に積もりました。


ということで国民的英雄リトマネンを見れただけでも行った甲斐はあったかなと。
by suzaworld | 2010-11-22 23:44 | フィンランド
豪華客船での過ごし方
一週間のフィンランド滞在。
どうせなら近隣諸国にも足を伸ばそうそいうことで行ったのがスウェーデンのストックホルム。

スケジュールは以下のとおり
17:30 フィンランド、ヘルシンキ出発
翌朝
09:50 スウェーデン、ストックホルム到着
~観光~
16:45 ストックホルム出発
翌朝
09:55 ヘルシンキ到着
正味七時間くらいの滞在ですが、二泊三日のショートトリップとしてはいいかなと。

そして乗船したMariella号の中がすごいことに。
f0214305_111498.jpg

これがシングルルームでまさかのトイレ・シャワー付き!
久しぶりのシングルルームがまさか船だとはねw
f0214305_1131450.jpg

そして勿論レストランやPUBも。
f0214305_1144656.jpg

そしてカジノ。
f0214305_1162857.jpg

そしてクラブまで。。。
f0214305_1174538.jpg

極めつけは免税店!!!お酒やタバコ買い占めているひとが多かった!
f0214305_1201245.jpg

まあ飲み物くらいしか買わなかったんだけどビール350ml、ヘルシンキ市内だと最安が1.12ユーロ。
しかしここでは0.7ユーロでした。

結局部屋でパソコンに入ってる映画とか見て爆睡。快眠です。

翌朝ストックホルムに着くも天気が完全に雨。気温2℃。
街はすきなんだけど如何せん天気がね。。

ズラタンさんのユニフォームよく見ました。
f0214305_1242265.jpg

久しぶりにセブンイレブンも見ました。
f0214305_126132.jpg

魔女の宅急便のモチーフのひとつとなったガムラ・スタン地区。
小道が多いし、デザイナーの小さな店も多くとてもラブリーでした。
f0214305_1285558.jpg

f0214305_130203.jpg

ホントにキキが飛んでそうな町並み、道がたくさん!!

とまああっという間に時間は過ぎました。
結局スウェーデン通貨クローネには一切換えず全てクレジットカードで乗り切りました。

で帰りの船の中ではシンドラーのリストをひとり見てむせび泣いたのでした。


おわり。



おっとスウェーデンでひとつ忘れてた。


何かって?!



ボルボですよVOLVO!



北欧デザインを至る所に散りばめてあるVOLVOですよ!


いや本当にストックホルムにいる最後まで忘れててねw


最後に道端にある車を撮ってきました。
XC60じゃなかったのが残念でなりませんw

f0214305_1355544.jpg

f0214305_1372268.jpg


こんなわかる人にしか面白くない終わり方ですいませんww


本当におわり。
by suzaworld | 2010-11-19 01:40 | スウェーデン
アウシュビッツの嘆き方
行ってきました、アウシュビッツ。
ブダペストから夜行列車で行き翌朝ポーランドのクラクフに到着。
一日観光してその夜の夜行列車でブダペストに戻るという強行日程。

なぜそこまでしてアウシュビッツに行きたかったのか。
正直自分の中で「行かなきゃいけない」というような反強制感がありました。

というのも今回イスラエルに行ったことが全ての始まりでしたね。
ユダヤ人、ユダヤ教というものを初めて自分の目で見て、肌で感じたこと。
イスラエルの虐殺博物館的なものに行ったこと、オスカー・シンドラーのお墓へ行ったこと、
ハンガリーのブダペストでも虐殺博物館的なものに行ったこと。
ここでアウシュビッツに行かなくては自分の中でも何か消化不良になるんじゃないかという。。

クラクフ駅からバスに乗って1時間半とかだっけな、すいません寝てたし忘れました。
f0214305_691813.jpg

ちなみにアウシュビッツでは日本人のガイドである、中谷剛さんという方に案内をしてもらいました。
アウシュビッツ自体の入場料は無料なので是非行く方は日本語のガイドをしてもらった方が詳しくわかります。そしてその説明を聞くといろいろと考えさせられます。
地球の歩き方とかにも載っているので予約するかたは個別にメールを送ってみてください。

でアウシュビッツの中へ。
門のところには「労働すれば自由になる」という意味の文字が書かれています。
f0214305_6184262.jpg

そして二重の有刺鉄線、ちなみに当時は電流が流れていたという。
f0214305_6233821.jpg

こちらはユダヤ人から没収したもの。ものすごくリアルです。
f0214305_6271040.jpg

f0214305_6283537.jpg


アウシュビッツから車で五分くらいのところにある第二アウシュビッツと呼ばれた
ビルナケウ強制収容所。
シンドラーのリスト見てる人はわかるはず。
f0214305_6485684.jpg

f0214305_650647.jpg

イスラエルの軍隊が行進していたり。。。なんとも言えない光景です・・・。
f0214305_6541912.jpg

f0214305_7181966.jpg


ネット環境があまりよくないので写真はこのへんで。

イスラエルにいるときにひとつの疑問がずっと離れなかった・

なぜナチスからひどいことをされたのにもかかわらずパレスチナに対してああいった行動をとるのか。

アウシュビッツでガイドをしてくれた中谷さんは
「自分たちがされたから、自分たちもしない(マイナス)になるのではなく、やはりされたからする(プラス)の
行動をとっているのではないか」というようなことを言っていた。

まあ実際どうなのかわからないが。。。
自分が完全に第三者だからなんとも言えないわけですがどうにかならないかね。
そしたらどんどん負の連鎖が広がっていくばっかりでしょ。

昨日ストックホルムからヘルシンキへの豪華客船の中でシンドラーのリストの映画を見たんだけど
もういろんなことが頭の中をぐちゃぐちゃにしてダメですね、涙止まらなくなるし。

とりあえず今回の旅でユダヤについてはこれにて一旦終了。
深く掘れば掘るほど底なし沼になっていきます。

もし機会があれば、エルサレム、アウシュビッツ、ひとりの人間としてものすごいいろんなことを
考えさせられる場所だと思うので行ってみてください。
by suzaworld | 2010-11-18 07:33 | ポーランド
レッドスターのATBり方
あつぶりかたと読みます。
いつだかのムサリクでATBしようぜって言ってたのが元ネタですw

セルビアのサッカーと言えばレッドスターですね!
セルビア語ではCrvena Zvezda、クルベナ・ズベズダ、みたいな感じです。
そう言われてもわからないですよね。

スタジアムまではベオグラード駅から歩いて40分とかそのくらい。
チケットは当日チケット売り場で買いました。
値段は200ディナール!2ユーロ!220円!
安っ!!!!!
f0214305_221631.jpg


入場ゲートのセキュリティゲートはものすごく厳しくてコインも持ち込み不可でした。
持っていく方はうまいことやってください。
f0214305_222381.jpg


この日のゲームはOFK Beograd、一応ダービーマッチだったはずです。

試合内容は省略!つまらんww
f0214305_2244731.jpg

もちろんボーボー、モクモク、ドカンドカンやってましたww
f0214305_2271970.jpg


サッカー好きにとってはお寒い試合、応援好きにとってはニヤケがとまらないスタンドでしたねw
そんなマニアックなあなたたちのために今回は動画多めでご紹介。

まずはコールリーダーのカラオケ。若干アザーンみたいでした。

次はボーボー、モクモク、ドカンドカン。

次、一旦全員座ってから同時に立ち上がって盛り上げるというATBり方。

次、後半開始直後から5分以上でっかい幕出したまんま+モクモク。

次、コレオグラフィー的なもので使ったビニールを振りまくるATBり方。

これが一番見てほしい動画!後ろ向いてのぽろっぽろっぽっぽ的な。
こんな大勢での後ろ向きジャンプは初めて見て笑いが止まりませんでしたねw


次、裸になり始めた軍団が服を振り始めてそれがまわりに伝染していった最初の様子。


とにかく6つ目の動画のやつを見れただけでも行った甲斐があったかなw
by suzaworld | 2010-11-12 22:23 | セルビア
コソボの歩き方
事後報告になりますがコソボ(kosovo)に行ってきました。
正直行く予定もなかったのですが、ひとりではないことと、そうそう行ける機会もないので、ぜひコソボの現状を自分の目で見てみたいというだけでした。

早朝サラエボから夜行バスで着いてからコソボの首都プリスティナ(pristina)までバスで移動しようとしたが
そのバスが昼の12時。
それまで待てないのでプリスティナまで50kmくらいの街まで行くバスがあるということでそれに乗車。
後で分かったことなのだがその街はミトロビツァ(mitrovica)という街の南北に繋ぐ橋でセルビア人側とアルメニア人側を
分けているちょっと前ではものすごく危険な街だった。
どおりで橋のところに国連軍がいたわけだ・・。

そこからタクシーをに乗ってコソボの首都プリスティナへ。一時間くらいかかったかな。
プリスティナで唯一の安宿?、velania guest houseへチェックイン。
http://guesthouse-ks.net/eng/vlersimet.html

プリスティナ、この街は特に観光するところもないので毎日ふらふらと歩いたりしまくった。
あとはご飯食べまくった。

これからは言葉よりも写真で現在のコソボ、プリスティナを見てみてください。
f0214305_2402662.jpg

朝起きたら宿の前にUNの車がいたのにはビックリしたw
ちなみにホステル周辺は大使館などが立ち並ぶ高級住宅街。
f0214305_242270.jpg

この写真だけ見たらここがどこかわからないでしょ??
f0214305_243174.jpg

f0214305_24456.jpg

街のいたるところにコソボの国旗が。
しかし同じくらい多くアメリカ国旗が。。。
f0214305_2465247.jpg

f0214305_247295.jpg

ビル・クリントン通りまであります。
異常だと思いませんか?
f0214305_249403.jpg
f0214305_2501165.jpg
f0214305_2504473.jpg
f0214305_2511754.jpg

唯一の博物館がこんなんです。
どこの国の博物館ですか?
異常だと思いませんか??
いろんなことを考えてしまいます。

f0214305_254969.jpg

f0214305_2544497.jpg

f0214305_2552099.jpg

この日はハロウィンで仮装している子供たちも沢山いました。
f0214305_2565591.jpg

f0214305_258629.jpg

たまーーにどこかの軍隊もいます。この人たちはポルトガル軍だったかな。
f0214305_302194.jpg

f0214305_31171.jpg


コソボは歩いてみて極めて安全です!
首都プリシュティナ、極めて平和です!
しかしこんなに顔をじろじろ見られる国は初めてです。
外国人観光客は皆無です。
キーナキーナ(中国人)と差別的なことも頻繁に言われます。

今まで行った中でもものすごく異様な国でした。
国といっても日本は認めているもののまだまだ多くの国はコソボをひとつの国として承認していません。
民族問題を抱えている国(中国とかスペインとか)は承認できるはずもありません。

この国が今後将来どういった道を歩んでいくか、非常に興味深いです。
10年後、もしかしたらまったく変わっていないコソボがあるかと思うとそれはそれで不安です。

セルビア側の立場、コソボ側の立場それぞれあるけれどやはり民族に関する問題はなかなか当事者以外には理解しがたい問題です。


※ちなみにコソボのスタンプがあるとセルビアに入国出来ないそうです。
ただ何故かベオグラードへの帰り道、コソボの出国スタンプを押され・・・でもセルビアに入国出来ました。
このあたりはよくわからないので注意が必要です。
最新の情報を確認してから訪問して下さい。
by suzaworld | 2010-11-12 03:15 | コソボ
【当選発表】ブログご愛読感謝プレゼント企画第一弾
遅くなってすいません。
忘れてたわけではありません。
まあやった直後は忘れてたけど。

コソボの宿で一週間以上前にあみだくじやりました。

応募者は以下の五名
・yanagidaさん
・mijacさん
・老骨さん
・はまやさん
・マリエンさん

ではあみだくじの様子を動画でどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=Xl1XLnvjsco


ということで当選者は
マリエンさん
となりました。

おめでとうございます。

えー、果たして一ヵ月半くらいたってしまったのですがまだご覧いただけているでしょうか。
そこが一番不安ですねw

>マリエンさん
メールアドレスをコメント欄に記入して、“非公開コメント”のチェックボックスにチェックを入れてから
送信してください。僕だけ見れるような設定となります。
その後こちらからご連絡させていただきます。

第二回プレゼント企画も年内には実施しますので乞うご期待!
by suzaworld | 2010-11-09 17:55 | プレゼント企画