タグ:なでしこJAPAN ( 12 ) タグの人気記事
女子五輪予選vs中国戦@中国・済南
さあ五輪予選最終戦を振り返ります。

一足先に出場権を獲得したため最終中国戦は完全なる消化試合でした。
最後なのに生憎の雨でした。。。幕が・・・
f0214305_22233346.jpg

f0214305_2225501.jpg

いつものように僕らはゴール裏、日本人専用エリアに隔離。
今日は太鼓も幕も全てOK!もう中国に可能性が消えたからかなw

試合前のシュート練習の時にゴール裏でボール拾いしてたのは永里(姉)と熊谷という
なかなかなレアショット。
f0214305_22323367.jpg


かなりメンバーを変えての試合となったもののご存知のとおり1-0で勝利。
f0214305_22475459.jpg

ぴろぽんぴん写真さんくす!


ただ最後の最後での桂里奈の怪我は本当に残念でならない。
きっとロンドン五輪までには復活してくれるでしょう。
f0214305_22572866.jpg

f0214305_230162.jpg


この後はみんなで打ち上げして済南での一週間が終わりました。
新しい出会いもあり、いい仲間に恵まれた今回の五輪予選でした。

さて最後はみんなのブログにつなげるっていういつものパターン。

この試合の僕らの様子は以下ブログにて。
http://ameblo.jp/piroponpin/entry-11019627135.html
http://atsushi2010.com/archives/1184



by suzaworld | 2011-09-23 23:08
女子五輪予選vs北朝鮮戦@中国・済南
もう終わりましたが一応ちゃんと残すために書いておきましょう。

試合前の恒例のやらせ的な応援してから入場。
f0214305_1816505.jpg

f0214305_1819119.jpg


試合前の日本人女性による「ふれーふれーにぃっぽん!」
f0214305_18195975.jpg


今日はいつものメンバー。
f0214305_18225138.jpg


試合内容は省略するけどびっくりするくらい北朝鮮がよかった。
あの運動量は素直にすごい、またドーピングして(ry
最後もなーーんか嫌な予感してたんだけど、その予感どおりになってしまいました。

近賀を岩清水がなぐさめてるとこ。
f0214305_1825468.jpg


試合後、ネットで話題の百度の中のひとたち。
f0214305_18271239.jpg


スタジアム出待ちをしていた報道陣にかこまれるツンさん。
芸能人の熱愛報道されたかのような囲みでしたw
f0214305_18292052.jpg


写真ないけどこういうときこそ、ということで出待ちして遠くからだけど選手に声かける。
まあ切り替えが大事ってことは選手が一番わかってたでしょう!
澤さんとか笑顔だったし。

それからみんなでオーストラリアvs中国戦をTV観戦。
f0214305_18321983.jpg

そしたらたまたまテレ朝さんが取材に来たりして、たまたまだからねw

使われないこと前提で「はーい、やべっち」したりして。
グダグダになった様子はpiropon-pinのブログで。
http://ameblo.jp/piroponpin/entry-11013024988.html

あと試合中の僕らの写真など載ってるのであつしさんのブログの方が伝わるかと。
http://atsushi2010.com/archives/1169

こうやっていつも人のブログに任せてしまうww

まあ微妙な形ですがロンドン五輪の出場権を獲得したわけです。
いや、ぶっちゃけ自力で勝って、みんなでその場でわーーーってしたかったですよw


次回は最後の中国戦の様子でも人のブログに任せつつ書きたいと思います。
いや、ホントにみんなわかりやすく楽しくブログ書いてすごいよね。



by suzaworld | 2011-09-15 18:45
女子五輪予選vsオーストラリア戦@中国・済南
はい、久しぶりの更新です。
明日の北朝鮮戦の前に更新しなきゃ。
f0214305_16385946.jpg

チケットとスタジアム。
どのチケットを買っても日本人エリアに入れられます。
そして公安がものすごくうるさくて幕も張れない、太鼓ももちろんダメ。
こないだ張っていた幕ですら今日はNGとか無茶苦茶、まあ中国らしいっちゃ中国らしい。
f0214305_16453954.jpg

隠してホーンだけ持ち込む。ダメもとで吹いたのに何も言われず。
太鼓がなかったのでこの試合はなんとなく指笛に徹する。
f0214305_1644798.jpg


いつもの通り試合中の写真はありません。
20人くらいでの応援だったかな。
結構声も通ってたはず。
永里が外してたから永里コールしまくって煽ってみる。
次は決めてくれ・・・。

試合後取材攻勢を受ける。
W杯の時以上です。
f0214305_16491620.jpg


えーと他にも沢山書くことはあるけれど体もだるいのでこのへんで。
次はもうちょっとちゃんと書きますよ。



by suzaworld | 2011-09-07 16:51
W杯決勝試合後の記念写真
アシシ氏(http://atsushi2010.com/)から頂いた写真がいい写真なのでご紹介。
なんか魔法使いのようになってるのすごいっしょw
f0214305_553366.jpg


川澄さんがブログで決勝前日に作ったダンマクの写真を紹介してくれてご機嫌な僕ですw
http://pure-city.jp/nahomi/

この幕もただこっちが勝手に張ってただけなんだけど(勿論ちゃんと許可は取ってますよ)、
わざわざ背負ってたリュックを前に持ち替え、カメラ?携帯?をバッグから取り出し、撮影してくれた川澄さん好きすぎるww



by suzaworld | 2011-07-23 05:59 | ドイツ女子W杯
ドイツ女子W杯を振り返る
記憶がなくならないうちに今大会を振り返ってみようと思います。
あくまでも個人的な思いなので悪しからず。
またかなり長文になると思われます。


そもそものところ、なんでこの女子W杯に来たのか。

最初はコパアメリカ行く予定でしたw ご存知の人も多いと思うけど。
それがなくなってU17W杯を見にメキシコに行くか、それとも女子W杯を見にドイツに行くか。
この二択になったときに選んだ理由は去年の女子U20W杯を応援しに行ったことで
少なからず愛着があったことが一番の理由でした。
去年のU20メンバーからは熊谷紗希、岩渕真奈、高瀬愛実、そして佐々木監督がいます。

でドイツに来て初戦のボーフム。
せっかくなので前日練習にも行って選手や監督に遠くから声かけてみる。
勿論他に出待ちしてるサポーターなんているはずもないw
その時に親切にわざわざこっちまで来てくれた安藤梢選手ことあんちの株が急上昇。
今大会超応援しようと自分の中で決意w
サポーターってホント単純だと思います。
あと佐々木監督とも去年のU20のこと含めお話しました。

監督の話を先にしちゃおうかな。
このチームの中でもっとも真摯に対応してくれるのが佐々木監督。
試合前や試合後にかかわらず、こちらの姿を見つけると自分から駆け寄って来て下さり
「応援ありがとう」「次もよろしく」などと本当に腰を低くしてお話してくれました。
そんな監督の采配が今大会見事に当たったことに、選手はもちろんですが、
個人的に監督が活躍したこともものすごく嬉しかったことでした。


で話は戻って初戦ボーフムでのニュージーランド戦。
震災後のチャリティーなどでものすごくドイツ人からの寄付等が集まった話を聞いていたので
どうにか感謝の言葉を伝えたくて試合前にダンマクを作る。
しかしいきなり書いたダンマクが大きすぎるからダメと言われ、その場で4つに切らされる・・・。
そして結局張らせてもらえず・・。
非常にめんどくさい。

試合中はバックスタンドの最前で4人で声出して応援する。
f0214305_5335194.jpg

去年の1人よりはいいもののやっぱりW杯でも女子だとこれしか人が来ないのだと痛感させられる。
試合はものすごい暑さの中、宮間のFKが決勝点となり勝利し、幸先よい初戦となる。


第二戦目、レバークーゼンでのメキシコ戦。
普段なでしこを応援しているサポーターが数人加わって個人的にものすごく安心。
だからと言って一桁は変わらずw
しかしドイツで日本人の最も多いデュッセルドルフからものすごく近いこともあって
駐在の日本人の方などが非常に多く心強かった。
試合も澤のハットトリックなどで完勝。
f0214305_536441.jpg

スタジアムも素晴らしくいい思い出しか残らなかった。


第三戦目、アウクスブルクでのイングランド戦。
前日練習にも顔だして選手に声かける。
f0214305_5403159.jpg

去年のU20の時に一週間くらい滞在した思い出の地、アウクスブルク。
しかし正直いいとこなしで完敗。
勝てばレバークーゼンへ戻れたのに・・・とみんなで悔しがる。
この日はわかりやすい場所だったため出待ちが結構いた。

この試合の結果、そしてその後行われたドイツの試合結果で
準々決勝の相手がまさかの開催国ドイツとなる。
しかも場所が非常に遠いウォルフスブルク。

そして誰も2位通過を予想していなかったためチケットがない。
勿論地元ドイツのためチケットは既に完売。
ここから3日間くらい各所へチケットのお願いをしてみるものの、チケットは手に入らず。
最悪外から応援するか、と話していたくらいヤバイ状況だった。


そして準々決勝ドイツ戦、場所はウォルフスブルク。
試合が夜にもかかわらずベルリンから昼過ぎにはつくように早めに出発。
途中で仲間から連絡があり、まさかの当日券放出。
どうやらスポンサーとかのキャンセル分がほんの僅かな枚数放出されたらしく無事チケット入手。

相手が地元ドイツとあり本当にドがつくアウェー。
負けたら終わりとあって選手バスが到着する時に盛り上げようということで幕張って歌って出迎える。
f0214305_5463224.jpg

スタジアムに入ってもドイツ一色。
スタンドの席の後ろで固まって応援。
うるさいとか言われるもののそんなことはお構いなし。
こっちのニッポンコールを消すようにしてドイッチュランドコールしてくるこのアウェー感がたまらん。

そしてかりなゴール後のあの静寂ったら!!
正直ドイツには厳しいかなと最初思ってたけれど試合が進むうちにこれはいけるなと。
見事な勝利でした。
試合後の澤さんの笑顔が素敵だった!

試合後にドイツ人が皆日本はいいサッカーをしていたと褒めてくれていたのがものすごく印象的。
確かにちゃんと見ればドイツが最後バテていてそれに対して日本が見事なサッカーをしていた。
それをしっかり見ているのがさすがドイツ人。
しかし男子が負けたらこんな甘い言葉はかけてくれないだろう、あくまでもまだ女子サッカー、という
ドイツ人にとってもひとつのショーのようなものという印象を受ける。

出待ちしてはしゃぐ。はしゃいでる時点で既に皆終電はなく・・・。
駅近くで祝勝会。その後駅でしばし仮眠する。

すぐ次の日に準決勝のあるフランクフルトに移動。
とりあえずこの日からは毎日練習に通うだけの生活を送るw
まあ練習自体は報道陣のみだけに公開なので全く見れないのですがね・・・。
書かなかったけど正直準決勝までのスウェーデン戦まではみんな疲れが溜まりまくり。
あんちとか上手く歩けてないくらい足引きづりまくりだったり。
こんなんでちゃんと試合出来るのかなって不安になるくらいみんなアイシングとかしてました。
疲れは溜まっているもののチームの雰囲気はいつも明るくリラックスしていていいんだけどね。


そして準決勝、スウェーデン戦。
とにかく安心して見れた試合。
先制はされたものの見事なまでの試合運び。
そしてドイツ戦のかりなに続き、控え組、川澄奈穂美の大活躍。
ドイツ戦終わった後に一緒にニッポンコールしてくれた川澄の活躍は本当に嬉しかった。
試合終了後出待ちは結局いつものようにほんの数人w


ラスト決勝はアメリカ戦。
f0214305_5544271.jpg

前日の選手の表情も明るかったしあとはやるだけだったでしょう。
アメリカ戦は前エントリーで詳しく書いているので省略。
最後の最後、出待ちはいつもの何十倍も人がいて逆にこっちがビックリしたw


日本でも準決勝くらいから地上波でも放送が始まって急に盛り上がったようですね。
まあ現地にいてもメディアの数が急に増えた。
だいたい最初からいたメディアの人なんて僅かだったから顔見ればすぐわかるしね。
メディアももっと早く来てればいい絵が沢山撮れたと思うんだけどなw


今大会終わってみればあっという間だった。
頑張って会社を休んで応援しに来て先に泣く泣く帰る仲間たちのことを考えると最後絶対に勝ちたかった。
自分よりも普段なでしこを見ている仲間たちの分まで精一杯応援しなきゃなって。

でも普段INAC、浦和、新潟、岡山、ベレーザとか応援してる人はこれでいいのだろうか。。。。


まあいろんなことは考えるけど最初から最後まで日本戦全試合見た一般人は知っている限り
僕を含めて二名しかいないわけで、今大会に応援しに来たのは大正解だったなと。
結構苦労したこともあったけれどW杯優勝なんてのはもう一生ないかもしれないんだから
それを考えれば楽なもんだ。


しかしこれで更にこのチームに愛着がわいたのはいいことでもあり、自分としても怖いとこでもあるwww



by suzaworld | 2011-07-22 06:02 | ドイツ女子W杯
W杯決勝備忘録
当日のこと忘れそうなので備忘録としてずらずらと。
一年後とかに自分が見て思い出すように、なのであんまり面白くないかも。


決勝当日、9時に駅前集合。
準々決勝ドイツ戦の際にあったキャンセルチケット放出を期待してスタジアムへ。
昨日前日練習の際にお会いしたご家族のお父さんに会う。
自分達のチケット含め、買わなくてはいけないチケットが合計9枚。

期待していた窓口での放出はなし。
チケットを引き換えに来ている人にExtra ticketがないか聞きまくる。
13時くらいになってもまだ半分も買えず。
仕方ないので荷物を取ってくる組と待機してチケット探す組に分かれる。

午前中は「チケット難民」の絵を撮ろうと、テレビ局さんの取材攻勢。
全てほのかさん達に任せてカメラには背を向ける。
が、後日アサヒコムに写ってるの発見。ひどいのでここではカット。

昼くらいになるとぼちぼち他のチケットない日本人やらアメリカ人もスタジアムに
足を運び始める。
15時くらいには8まで確保。
そして17時前くらいには全て購入完了。
結局カテ1のチケットがほとんどだった。
みんなで割ったらカテ1の値段(定価)よりも低くはなったのでまあよし。
f0214305_1810184.jpg

正直こんなに苦労すると思わなかった。
まだ試合前なのに・・・

開門を待っていると遠くから何やら見覚えのある姿が2つ。
準々決勝ウォルフスブルク戦の後に日本、アメリカに帰ったサポーターの二人。
間違えた、あほーたーの二人。
その二人が日本とアメリカからまた決勝のために戻ってきた。
最高のあほーたーだ、あなたたちは!
自分の中でこの二人の姿を見てからものすごくテンションがあがったし、心のそこから嬉しかった。

幕を張るために一番前に並んでいて開門も先頭だったんだけど、
セキュリティーチェックで時間がかかり(預けなければいけないものもあったので)、
スタジアム入場が遅れうまいこと幕が張れず。申し訳ない。
それにしてもドイツ人の関係ない幕を張る、というか入場するスピードがめちゃめちゃ速かった。

そして試合前はあんまり覚えてないけど応援する場所がなく困る。
いろいろあって最終的にはバックスタンド真ん中中段で座りながら太鼓叩く。コールする。

とにかく日本の最高の応援歌は「ニッポンチャチャチャ」だ。
海外でやるとき、人がいないとき、チームを応援したいとき、とにかく声を届かせたいとき、
みんなをひとつにしたいとき、とにかくニッポンコールに勝るものはない!

試合内容は省略。
ただ先制されら時も、2点目を入れたときも本当にこっちも諦めの気持ちはなかった。
絶対どうにかなると思ってた。
そしたらほんとにどうにかなった。

PK戦、あんだけ祈ったのは南アフリカW杯パラグアイ戦とこのときくらいなもんだ。
でも正直PKになった時点でいけるとは思ったけど。
まあ海堀には感謝です。
前日練習のときに「無失点でよろしく」って声掛けて、「はい!がんばります!」って
自信もって答えられたんだけど。。。
無失点じゃなかったけど全部チャラだなー

最後熊谷が移籍するフランクフルトの地で決めるとはほんとに劇的としか言えない。
とにかくやったーっていうのと同時にこれまでの全部の試合のことがぶわーっと頭の中をかけめぐった。
とにかく今まで一緒に応援した仲間たちのことを思い出したら泣けてきたw
みんなこの場所に立ちたかったはずなのに結局自分がここにいていいのかなって。
まあ優勝したから何も言わせないけどww

ちゃんと優勝したときのため用に作った幕も出せた。
祝優勝
TOP OF THE WORLD

そして表彰式でW杯を掲げるとき、あほーたーが僕に向かって
こういうときってどういう応援するのって聞いてきた。
すぐさま答えた、「わかんないっす」って。
これまで誰もW杯優勝したことなんかないんだからわかんないっつーのw
あのやりとりおもしろかったですねーー

それからは最前列へ。
選手たちはいつもの幕を持って、そしてW杯を持って一周。だったっけ?
正直あんまりよく覚えてない。澤がひとりでいたのはおぼえてる。

であっさり帰って行ってあっさり控え室に入っちゃったw
あんちだけこっちのスタンドに来て、デュイスブルクのチームメイトと喜んでた。
スタンドまで入ってきて劇熱だった。すぐとなりで安藤梢の歌を数人で歌ってた。
はしゃいで歌い続けてみたw
f0214305_1759672.jpg

でみんなで記念撮影なんかして。

気づいたらゴール裏に張ってた「歴史を作ろう!そして日本に笑顔を」幕がなくなってたww
盗まれたか!!!!
まあ必要ないので誰かほしい人が持っていったのならそれでいいけど。

散らばって幕の片付け。
コンコースでようやくみんなでビール買って乾杯!
歌いながらスタジアムの外に出てみる。

いつものように選手バスの出待ちしようとしたらまさかのすごい人だかりが。

いつも10人以下で見送ってたのが最後は数百人だよ。。。
その場で選手コールしたり歌いたい曲歌ったりしてはしゃぐ。太鼓で腕が疲れる。
のど飴オーレ。
澤さんのお母さんに向かって澤さんの歌を歌ったりしてみる。すいません。

いつものように選手バスから見えるように幕を広げる。
f0214305_1752944.jpg

ようやく選手バスが出てきたのでバモニッポンだっけニッポンオーレだっけ歌う。
最後まで見送るといつも以上に笑顔で手をふってくれる選手たち。

セキュリティに預けた荷物を受け取り、車で駅前へ。
いつものアイリッシュパブへ行き、日本人集団に合流するもラストオーダーで何も飲めず。
すぐ近くの店に移動して外で飲む。
朝方、岩清水選手のお父さんと海堀選手のお姉さんとお話する。

で宿に戻ったのが5時半くらい?だっけ。
長い長い一日が終わりましたとさ。


おしまい。



もう一回くらい今大会振り返りエントリーでも書くかと思います。



by suzaworld | 2011-07-20 18:12 | ドイツ女子W杯
W杯優勝の喜び方がわからない!
そんな会話が試合後されました。

f0214305_854076.jpg


f0214305_893076.jpg


f0214305_8114229.jpg


試合前、試合中といろいろ大変だったけど本当によかった。


また明日にでも時間あるときに詳しく書きます。


とりあえず現場にいたのに日本の盛り上がりがわからずなんか寂しいですw



by suzaworld | 2011-07-19 08:14
歴史を作ろう!そして日本に笑顔を☺
いよいよ来ました、決勝戦。
決勝戦と言ってもW杯の決勝戦だから本当に信じられない。

振り返れば去年の女子U20W杯を応援したことがきっかけで、今回もドイツに来ることに。
ボーフムでの初戦から本当にいろんなことがあった。

初戦の前日練習のときに佐々木監督が
「(U20のことを思い出して)今回は失敗しないように頑張ります」と言ってくれて
まさか決勝まで頑張ってくれるとは申し訳ないけど正直思いませんでしたw

ニュージーランド、メキシコ、イングランド、ドイツ、スウェーデン、
それぞれの試合でいろんな思い出が残っています。

なでしこサポーターの面々との出会い。
現地在住日本人、ドイツ人との出会い。
そして今回のなでしこJAPAN選手、スタッフとの出会い。


そんな思いをいろいろ考えながら前日練習に行ってきました。
これで練習場に行くのも最後。

非公開なので選手が練習している間に昼間に探し回って買った幕とスプレーで
これで最後のメッセージ幕を作成。
f0214305_6234628.jpg

いろいろ考えたけどあんまり考えすぎるのも嫌なので単純に自分の思いを。

「歴史を作ろう!そして日本に笑顔を☺」

スポーツはスポーツだけれどやはり今の日本は震災のことがあって、暗いニュースばかり。
震災後こんなに明るいニュースって初めてじゃないですか?

よくスポーツ選手が「自分たちのプレーで元気付ける」って言ってるけれど
今回のなでしこの選手達がきっと震災後一番元気を与えているはず。

最後に勝って、自分達の最高の笑顔を届けることが同時に日本人みんなを笑顔にさせるんじゃないかと。


最後はバス待ちのところにも張らせてもらって選手ひとりひとりに声を掛けた。
f0214305_625930.jpg


今日はいつものように「頑張れ」のほかに「楽しんで」と。
せっかくの決勝だから精一杯やるのと同時にこの舞台を楽しんでもらいたいです。


泣く泣く先に帰った仲間達の気持ちを乗せて最後まで応援します。



優勝するよーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!



by suzaworld | 2011-07-17 06:46 | ドイツ女子W杯
なでしこJAPAN女子W杯準決勝スウェーデン戦雑感
いろいろあってこの日スタジアムで撮った写真たったの5枚。
まあ応援しててそれどころじゃなかったです。
勝ったからいいや。

この日は前日から雨雨雨。
前日練習に行ったときはギリギリ曇りだったものの、選手バスを見送る際には
かなりの豪雨。

そしてこの試合当日も雨。
開門まではひたすら雨宿りしながら待ってました。

ゲートでスプレーだめだって言われたのでその場で勝ったときのために
「あと1つ!」ダンマクを書く。
ちなみに試合中は「あと2つ!」ダンマク出してました。

スタジアムはドーム式なので雨もへっちゃらでした。
f0214305_6581925.jpg


で太鼓でちょこっとだけ揉めるもゴール裏のメイン側に陣取り応援場所確保。
で試合開始。前の君が代。
f0214305_783110.jpg


恒例、一行試合振り返り。
先制されたけど素晴らしいサッカーを見せつけ川澄澤川澄で危なげなく勝利。

今回は先制されたけど全く負ける気がしなかった。


ちょこっと触れたいのはボランチの阪口夢穂。
このスウェーデン戦だけではないのだけれどものすごく効いてます。
どうしても澤に注目が集まりがちだけどこの阪口がものすごいバランスを取っている。
言っちゃ悪いけど最初こんなに上手かったっけっていうくらいです。
この大会で試合を通してどんどん上手くなっているのが目に見えるんですよね。

そしてこの試合のキーマンはやっぱり川澄。
この前出た時もよかったけれどこんなにも素晴らしい活躍をするとは・・・。
あと大柄の相手に対して大野もものすごく効いてた!

1試合1試合重ねるごとにどんどんこのチームへの愛着も高まります。
このメンバーで戦えるのはあと1試合。


あと1つ。


最後の試合が終わったときに最高の笑顔で終われますように。



ドイツビールでビールかけしたいねw
タオル持って海パンはいていこうw



by suzaworld | 2011-07-15 07:25 | ドイツ女子W杯
なでしこJAPANドイツ戦について
イングランド戦は負けたからいいやw

で、準々決勝のドイツ戦。
まず大変だったのがチケット。
地元ドイツとの対戦だけあって本当にチケット入手が大変でした。
まあ結局は当日早い時間にほんの少しだけ売り出した当日券を買ってもらい
チケットを入手することが出来ました。
f0214305_9281440.jpg


そしてこの日も試合前からいんたぶー。
実際この映像がすぐに昼に流れていたと記者の方に言われましたw
f0214305_9313695.jpg


それから長ーーいこと待って、幕張って歌って選手バスを出迎え。
このあたりの映像もNHKで流れたとか。
f0214305_9433832.jpg


それから入場。
が、まさかの太鼓没収。ほかのスタジアムでは使用出来たのに・・。相当粘るも覆らず。

で試合中は必死に応援したのでいつものように写真はありません。
試合前の国歌斉唱だけ、超アウェーの中での君が代いいね!
f0214305_9471539.jpg


試合中は日本人ほんの数人で声を張り上げてたのですが、それを消そうとドイッチュランド、コールを
してくる必死のドイツ人とかがいて楽しかったです。どアウェーほど楽しいものはない。

そしてご存知の通りの丸山桂里奈の延長後半での決勝点。
静寂に包まれたスタジアムの中でほんの数人の喜びが爆発しました。
そして試合終了。

選手たちも挨拶しに来てくれて本当に本当に嬉しそうな表情でした。
f0214305_9531121.jpg


試合後印象に残ったのは沢山のドイツ人が日本はすばらしいチームだったと褒めてくれること。
確かにサッカー自体でもドイツよりもよかったのでは。
しっかりそこを見てくれているところがさすがドイツ人だなと思いました。

もう終電は諦めて選手バスをお見送り&ちょこっと騒いでみるw
f0214305_9573677.jpg


次の準決勝はこの半分以下の人数で応援となりそうです。
W杯の準決勝なのに3人で応援とかww

まあ頑張りますよ。

今日練習行ってきたけど正直みんなの足の具合、疲労が心配です。
ここでは詳細書きませんが何人もいつも以上にアイシングしてたり。
勝ったから元気は元気だけど。

その中でも桂里奈の表情がもの凄いいきいきしていて印象的でした。
いい意味でこのまま調子に乗ってほしい。

明日の前日練習、そして明後日の準決勝スウェーデン戦。
精一杯応援してきますよー


あ、本田さんブログから二枚ほど写真使っちゃいました!
http://ameblo.jp/hondawindy/



by suzaworld | 2011-07-12 10:11 | ドイツ女子W杯