2011年 02月 12日 ( 1 )
プエブラのバモり方@メキシコ・プエブラ 後編
試合のことは前に動画沢山貼ったからいいとしてそれ以外のことを。

まずはTitinoの所属する?Zona Surのみんな。
きっと彼らは高校生とか大学生とかそのくらいの子たちが多いんじゃないでしょうかね。
f0214305_12265936.jpg

試合後も一緒にいて飲んだりしてました。

次はコールリーダーのガルシアさん。
Titinoから紹介されて初体面の自分に対していきなりコロナを奢ってくれた彼。
試合始まる前にいきなり英語で話しかけられたり。
試合後にはいいバモだったなと声をかけてくれましたwww
英語を話す人がいないのにまさかコールリーダーが話せるとは。
f0214305_12315933.jpg

試合後彼は自分たちのインチャの基地的なところへ連れて行ってくれましたw
Youtubeとかで見たことのある場所へまさか自分が入れるとは。
f0214305_12355270.jpg

アウェイの試合で行けない人とかはみんなでここでテレビ見たりするらしい。
f0214305_12383931.jpg

彼は以前アメリカに住んでいたことがあるらしく英語が話せるとのこと。
日本のこと、今の自分のこと、英語でしばらく彼と話すことができた。

彼は最後にこの場所の中にある事務所に連れて行ってくれて自分の団体のペナントをくれた。
これはmi corazonだと。大切にするよと約束しました。
f0214305_12434553.jpg

ちなみにもうひとつのTシャツはTitinoたちからもらったZona SurのオリジナルTシャツ。

彼は別れ際「お前はもうここの家族だから好きなときにいつでもここに戻って来い」
と言ってくれたこと。
本当に本当に人間的にもすばらしい人でした。


そして最後にTitino、ティティーノ。
試合前に笑顔で手を引っ張って彼のゾーンに連れて行ってくれました。
そして東京の旗をあげたらずーーーっと肌身離さず大切そうに持っていてくれました。
これからのアウェイゲームでも持っていくよ、と。
f0214305_12553958.jpg

試合後スタジアム近くの路上でみんなで飲んでいて、そろそろ帰ると言うと、
「送っていくよ、ソカロ(一番中心の広場)で写真撮ろうよ」と。
バス代まで出してくれて送ってくれるTitino。
一緒にセントロまで行って、お互いのチームのバンデーラもって記念撮影。
f0214305_130034.jpg

何枚も撮りましたw

この日ほど自分のスペイン語能力を悔やんだ日はなかったですね。
なかなか理解出来ないにもかかわらずいろんなことを話しかけてくれたTitino。
彼に会えて本当によかったし感謝しています。
プエブラではサッカー見に行っただけだけど今度メキシコに行くときには必ず訪れたい街になりました。

こういう出会いが実はこの旅で一番求めていたもの。
ようやく八ヶ月目で出会うことが出来ました。
プライスレスってこういうことだなと。

皆さんメキシコに行く際は是非プエブラへ!
東京の旗を見かけた際には是非話しかけてみてくださいw
by suzaworld | 2011-02-12 13:14 | メキシコ